Chef

導入する

介護ソフト導入への動きとその方法

現在の介護保険制度においては介護報酬請求のために伝送又は磁気媒体による提出が必要となっています。官公庁の傾向として書面による提出から電子媒体による提出へと変化する傾向があり、そして伝送システムが導入されてきています。こういった傾向から、将来的には伝送による提出のみが採用される可能性があります。 そのため、各介護施設では介護ソフトの導入が盛んに行われるようになってきました。介護ソフトは国民健康保険中央会が提供する伝送ソフトの他にも民間企業から多数提供されており、その多くは伝送に対応しています。そのため、その1つを選んで介護ソフトの導入を行い、介護サービスの運営の情報化が進められています。申し込みに際しては書面や電話、メール等が可能であり容易に手続きを行えます。

民間で開発されたソフトを利用する介護施設が増える傾向

介護ソフトの導入による介護施設の情報化が進む根本的な理由は、介護報酬請求における伝送の必要性が高まっていることによります。しかし、その際に民間企業が開発している介護ソフトが導入される傾向が強まってきています。この人気の理由はインターネット回線が利用可能であることやサービスの多様さがあることからです。 伝送においてはISDN回線を要求されるため、国民健康保険中央会介護伝送ソフトを利用する場合にはISDN回線を導入する必要があります。しかし、民間企業の提供する介護ソフトの場合には民間企業のサーバーでインターネット回線からISDN回線に変換してくれるため、ISDN回線が不要なのです。この便利さに加えて、介護施設の需要にあった異なるシステムの介護ソフトを選べることから民間企業のものが選ばれる傾向にあるのです。