Chef

様々な場面

介護のいろんな場面で役に立ちます

介護の世界でエプロンは必需品です。食事の際や入浴の際にとても役に立ちます。介護用のエプロンは多くの業者が販売しています。介護用品を専門に扱う店として福祉用具のお店があるのですが、ここだと一通りの必要なものを購入することができます。また福祉用具のプロがいますので、どいうったエプロンを購入したらいいのか迷ったときは相談するのもいいでしょう。次にカタログでの購入です。介護用のエプロンはサイズも豊富ですし、デザインもカタログの方が豊富に揃っています。けっこう高齢者の皆さんは同じような柄でかぶってしまい、デイサービスなんかに持っていくと他の高齢者とお揃いになってしまうこともあります。それを防ぐためにカタログから選んでみてはいかがでしょう。

エプロンはどんな場面で使用されるのか

介護エプロンは主に食事、入浴の場面で使用されます。食事の際は洋服を汚れから守り、清潔を保つため使用します。施設では職員もきちんとします。高齢者は食べこぼしが多い方もいて、そういった方が使用することがほとんどです。油汚れなんかは洗濯してもなかなか落ちないので、エプロンを着用して防げるものは防ぎましょう。入浴の場面では職員が制服が水で濡れることのないよう着用します。普通は入浴専用の衣類が準備されているものなのですが、忙しく着替えることができない場面も多くあります。そんなときエプロンの出番です。防水のエプロンを着用することで、制服を水kじゃら守ってくれます。丈も足首ほどまであるので全身を守ってくれます。エプロンを有効に使って、効率よく仕事をしているのです。